血管外科外来のご案内/下肢静脈瘤レーザー治療のご案内

新着情報

2019.07.29

血管外科外来のご案内/下肢静脈瘤レーザー治療のご案内

当院では毎週土曜日午前診に血管外科外来【要予約】の診療をおこなっています。

下肢静脈瘤の診療は月曜から土曜日の循環器内科外来でもおこなっています。

血管外科では次のような疾患に対し診療をおこないます。

・腹部大動脈瘤(胸部大動脈瘤)

・閉塞性動脈硬化症
【間欠性跛行】
【安静時疼痛】
【足趾壊死】

・下肢静脈瘤(循環器内科でも診療が可能です。)

高齢者を中心に日頃お悩みの症状に下肢のむくみがあります。実地医家の先生方にとっても原因検索は非常に難しく、頭を悩ませておられるのが現状です。原因として、心機能低下、腎機能低下、下肢動脈閉塞、深部静脈血栓症、下肢静脈瘤、突発性浮腫、廃用性浮腫、ネフローゼ症候群、骨盤部悪性腫瘍が考えられます。当院では、循環器内科医師が心臓超音波、下肢動静脈エコー、全身CT、採血結果などから的確にむくみの原因を診断致します。出来るだけ当日に診断結果を報告いたします。また下肢静脈瘤に関しては循環器内科医師、血管外科医師の診断のもとで手術適応の有無を判定し、当院での治療(カテーテル治療)または治療可能な医療機関を紹介いたします。是非お気軽にご相談ください。

☆診察をご希望の方は

0745-44-8005
香芝生喜病院 地域医療連携室までお気軽にお問い合わせください