診療科・部門のご紹介(神経内科)

神経内科

神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉に至るまでの神経系に関わる病気全般を診断し、それらの病気を内科的に治療する診療科です。手術が必要な病気は脳神経外科や整形外科に紹介させて頂きます。
神経内科で取り扱う病気の症状としては、「しびれ、めまい、力が入りにくい、ふらつく、歩きにくい、ひきつる、つっぱる、喋りにくい、ものが二重に見える、頭が痛い、手足や体が無意識に動く、もの忘れ、意識障害、けいれん発作など」などがあります。

神経内科と間違えられ易い診療科として、心療内科、神経科、精神科、精神神経科があります。これらの科は気分の変調(うつ病やうつ状態など)や精神的な症状を扱う科であり、その中の心療内科では、精神的な問題が基礎にあって体に異常を来すような病気を扱います。従いまして神経内科ではこれらの科と異なり、脳や脊髄、神経、骨格筋そのものに病気があり、体が不自由になる病気を扱います。

神経内科で取り扱う主な病気

神経内科を受診される患者さんで頻度の多い病気としては、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作など)、神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症)、発作性疾患(めまい、頭痛、てんかんなど)、末梢神経障害(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)、神経系感染症(髄膜炎など)、脱髄性疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎など)、筋疾患(重症筋無力症、筋緊張性ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症、多発性筋炎など)、代謝性疾患(肝性脳症、透析脳症、ウェルニッケ脳症)などがあります。

尚、現在、当神経内科の常勤医師は一人のみであり、緊急を要する疾患などの場合には緊急対応が可能な病院を紹介させて頂く可能性がある事をご了解願います。

スケジュール

朝診 上田 上田

担当医師のご紹介

上田 進彦

顧問