診療科・部門のご紹介(脳神経外科)

脳神経外科

脳神経外科とは、脳、脊髄、末梢神経など神経系全般の疾患の中で、主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断、治療を行う診療科です。脳血管障害や脳腫瘍、頭部外傷から脊椎・脊髄疾患、小児神経疾患や機能的脳疾患などを対象に、診断、検査から手術、放射線治療、血管内治療、薬物治療、理学療法などの治療、予防まで非常に広い分野を担当しています。

※当科では、日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)に協力しています。原則として当科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。解析にあたって提供するデータは、個人が特定されないように匿名化して電子的に登録しますので患者さん個人のプライバシーは完全に保護されます。

詳細はこちらをご覧ください。

当科の特長

救急診療に力を入れています。救急では主に脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)や頭部外傷を担当しています。緊急時は速やかに入院できる体制を整えており、専門医が治療にあたります。治療は内科的治療と外科的治療から最適な方法を選択します。

当院は、日本脳卒中学会が認定する一次脳卒中センター(PSC)であり、脳梗塞に対する血栓溶解療法(rt-PA静注療法)を行うことが可能です。また、脳出血やくも膜下出血、頭部外傷などに対する緊急手術を行うことも可能です。

当科で対応困難な高度先進医療が必要な場合は、奈良県立医科大学附属病院や石切生喜病院などの関連施設へ転院となる場合があります。

スケジュール

令和3年4月からの診察表

朝1診 高村 小田 高村 小田 小田
朝2診 小田 奥地

 

担当医師のご紹介

奥地 一夫

病院長

日本脳神経外科学会 専門医・認定医

日本脳卒中学会 専門医

日本救急医学会 指導医・専門医

日本外傷学会 外傷専門医

日本中毒学会 専門医

高村 慶旭

部長

平成19年 奈良県立医科大学卒業

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

日本脳卒中の外科学会技術認定医

小田 恭弘

診療部長

日本脳神経外科専門医

脳血管内手術専門医

日本脳卒中学会専門医

陳 鐘伯

顧問