診療科・部門のご紹介(泌尿器科・小児泌尿器科)

泌尿器科・小児泌尿器科

泌尿器科

女性泌尿器科(ウロギネ科)

泌尿器科は女性にとって、なかなか受診しづらい診療科だと思います。

女性泌尿器科は、男女の性差に配慮し、女性に適したかたちでの治療を目指した診療科であり、女性の患者さんのQOL(生活の質)の向上を目指しています。

尿が近い、回数が多い(過活動膀胱)。遠出したいけどトイレが心配(切迫性尿失禁)。夜間、何度も尿に起きる。トイレに時間がかかるようになった。尿が残っている感じがする。咳やくしゃみでもれてしまう(腹圧性尿失禁)。何かがはさまった感じがあって排尿がしにくい、腟から丸いものが脱出する(骨盤臓器脱)。尿がたまると痛くなる(膀胱部痛症候群、間質性膀胱炎)など、排尿の問題を抱えたままのため、外出を控えたりしていませんでしょうか。一人で悩まず、お気軽に当院までご相談ください。女性排尿機能の専門医が対応します。

治療は、尿漏れに関しては、行動療法から始まり、薬物療法、膀胱鏡下ボトックス注入術、各種の非侵襲的な尿失禁防止術(TOT、TVT、腹腔鏡手術)の全てが可能です。骨盤臓器脱にも、最も非侵襲的で再発の少ない経腟メッシュ(TVM)手術、または腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC)を行なっています。

 

男性泌尿器科

男性特有の前立腺の疾患があります。前立腺癌検診を始め、排尿困難、尿漏れ、頻尿などです。患者様お一人ごとに違う排尿トラブルに、それぞれに合った治療法を一緒に考えていく方針です。前立腺が大きく (前立腺肥大症)手術が必要な場合は、最も安全と言われているCVP(接触式レーザ-前立腺蒸散術)というレーザー治療を導入する予定で、最新の治療法をご提供します。

 

小児泌尿器科

5月から小児泌尿器科の専門外来を、毎週金曜日の午前に、小児科専用の外来ブースで開始しました。おそらくこの近辺では初めてかと思います。

小児科専用ブースですので、受付、スタッフ、看護師さん全員が、お子様の扱いに慣れています。決してお子様を怖がらせたりしない、痛い検査は絶対しない方針ですので、安心してお気軽にお越しください。よって、お子様は、できるだけ、金曜日のこの専門外来に、お越しになられることをお勧めします。

おねしょが止まらない(夜尿症)、昼間パンツが湿っている(昼間尿失禁)、おちんちんの形がおかしい(埋没陰茎)、おしっこがおちんちんの先から出ていない(尿道下裂)、左右の陰嚢の大きさが違う(陰嚢水腫、精索静脈瘤)、などなど。

また小児科の先生方からは、尿路感染を起こした、その原因は?(膀胱尿管逆流)、超音波で少しだが腎臓が腫れている(水腎症)、外尿道口が見えない(尿道下裂)、このまま経過観察でよいのか、などなど。お気軽に、ご相談ください。

 

担当医師のご紹介

【部長】
坂本 亘

【経歴】
1985年大阪市立大学大学院卒、市立豊中病院泌尿器科(85年~89年)、大阪市立大学泌尿器科(89~93年)、大阪市立総合医療センター泌尿器科(93年~21年)小児泌尿器科兼務(04年~21年)、2021年香芝生喜病院小児泌尿器・泌尿器科
【資格】
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本小児泌尿器科学会認定医
泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定医・審査委員
ロボット支援手術Certificate取得

 

【顧問】
川中 俊明

当院透析センターはコチラをクリック

 

【※担当医】
山本 与毅
鶴島 宏祐

スケジュール

泌尿器科

4/26~

朝診 坂本 坂本 坂本 坂本 川中 ※担当医

※土曜日 診察受付は12時までとなります。
※6月から(水)の朝診がなくなり、月・火・木・金・土となります。

 

小児泌尿器科(令和3年5月7日より診療開始予定)

朝診 坂本