診療科・部門のご紹介(循環器内科)

循環器内科

高齢化に伴い、循環器が扱う疾患は多岐にわたります。
代表的な疾患は狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、下肢閉塞性動脈硬化症などです。これらの原因となる糖尿病、高血圧、脂質異常症、腎機能障害はもちろん治療の対象となります。個々の病気にのみ対応するだけでなく、総合的に判断し、早期発見・早期治療を目指します。
病診連携を重視し、近隣実地医家の先生方と相互通行の医療連携を培っていく所存です。かかりつけ医を持ちながら、当院に検査や入院時に来院して頂く事も積極的に推進していきます。
狭心症、心筋梗塞の治療であるカテーテル手術は24時間、365日対応を目指します。心臓超音波検査、頚動脈超音波検査、下肢動静脈超音波検査も随時可能です。最新の320列CT装置を導入しており、短時間で全身の動脈硬化スクリーニングが可能です。
いつでも、臨機応変をモットーに皆様に信頼される医療を目指します。

外来心臓CT

心筋梗塞は突然発症致します。このような危険な冠動脈狭窄(プラーク)を発見するために、入院せず、侵襲的なカテーテル検査で無く、迅速に判断できるのは心臓CTのみです。当院のCTは、最新の東芝社製320列CTを導入しております。従来の心臓CTに比較して、被曝線量が1/4に、造影剤使用量が半分になりました。来院から退出まで1時間以内に検査が終了致します。月曜日の午前から土曜日の午後5時まで随時検査可能です。実地医家の先生方からの紹介では、迅速な診断で翌日には結果を報告いたします。仕事をお持ちの方は、是非土曜日午後枠での検査をご利用ください。

むくみ外来(循環器内科外来)

高齢者を中心に日頃お悩みの症状に下肢のむくみがあります。
実地医家の先生方にとっても原因検索は非常に難しく、頭を悩ませておられるのが現状です。
原因として、心機能低下、腎機能低下、下肢動脈閉塞、深部静脈血栓症、下肢静脈瘤、突発性浮腫、廃用性浮腫、ネフローゼ症候群、骨盤部悪性腫瘍が考えられます。
当院では、心臓超音波、下肢動静脈エコー、全身CT、採血結果などから的確にむくみの原因を診断致します。出来るだけ当日に診断結果を報告いたします。
下肢静脈瘤に関しては手術適応の有無を判定し、手術可能な医療機関を紹介いたします。循環器外来でいつでも受け付けております。是非ご利用ください。

スケジュール

朝診 島田 岩田 平田 白澤 福田 島田

担当医師のご紹介

島田 健永

副院長

白澤 邦征

副部長