診療科・部門のご紹介(外科・消化器外科)

外科・消化器外科

安全かつ確実な手術を目指して

当院外科は2017年4月の開院から常勤スタッフ3名でのスタートとなります。
主に救急疾患も含めた消化器外科に対する診療を中心に、地域医療に貢献したいと考えております。
スタッフ全員による定期的なカンファレンスのもと、診療ガイドラインと個々の患者さまの病状・ニーズに照らし合わせ、診療方針を個別に選択していきます。 手術治療では、低侵襲で確実な手術を目標に、早期回復、早期退院を目指します。

最先端の手術機器を用いて消化器外科領域の手術に幅広く対応し、鏡視下の手術も積極的に取り入れていきます。その主なものとしては、鼠径ヘルニア・急性虫垂炎・胆石症といった身近な疾患のみならず、悪性疾患に対してもガイドラインに沿って積極的に対応していきます。
特に大腸癌に対しては、十分な経験を積んだスタッフによる安全・低侵襲かつ正確・高度な腹腔鏡下手術を目指していきます。
悪性疾患に対する治療としては、手術以外に化学療法や緩和ケアに対しても十分に習熟しており、あらゆる病状に対処していきます。
まだ立ち上がったばかりで実績もありませんが、これまで培ってきた経験と技術を中和地域の医療に役立てたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

手術室紹介

麻酔科専門医の常駐を含むスタッフ9名体制で運営しています。手術室は全部で4部屋あり、それぞれ64.3m2 ×1部屋、33.7m2×2部屋 38.3m2×1部屋と十分な広さを確保しています。
またクラス1000の手術室を1部屋完備しており、幅広い術式、疾患に対応しています。

腹腔鏡下手術に関して

傷が小さく、術後回復も早いということで、近年腹腔鏡手術は一般病院にも普及してきています。安全面での懸念を取りざたされることもありますが、大腸癌領域に関しては全国で2015年に施行された大腸癌症例に占める腹腔鏡下手術の比率は72%と報告されています。(内視鏡外科手術に関するアンケート調査 -第13回集計結果報告- 日本内視鏡外科学会雑誌2016年11月21巻6号より)

当院では術前にスタッフで十分に討議して腹腔鏡手術の適応を決定し、内視鏡外科技術認定医(三城)も常駐し、経験を積んだ医師が執刀します。また今回、オリンパス社製の最新鋭3D腹腔鏡システムを導入しました(『3D Imaging Solution』『LTF-190-10-3D』『WA50052A』)。3Dになることで、より確実で安全な腹腔鏡手術が施行可能と考えます。大腸癌、虫垂炎、胆石、胆嚢炎、ヘルニア、消化管穿孔など幅広い疾患に対して安全に腹腔鏡手術が可能です。

当科の特徴

1.安全かつ適切・確実な腹腔鏡下手術を施行します。特に大腸癌は得意分野です。
2.一般外科、消化管、肝胆膵と幅広い外科疾患に対応します。
3.消化器癌化学療法、緩和ケアにも対応します。
4.救急部とも連携し、緊急手術にも対応します。

【医師紹介】

・副院長 金沢 源一 (かなざわ げんいち)

大腸癌の腹腔鏡手術を中心とした消化器外科を専門にしていますが、一般外科も広く担当します。また、救急領域の外科手術も多く経験してきており、緊急手術にも迅速に対応します。手術以外にも、化学療法(抗がん剤治療)や緩和ケアなど外科領域の治療を専門に行ってきました。ガイドラインに則った適切な治療をわかりやすく説明して行っていきますのでよろしくお願いいたします。

(経歴)
平成2年3月 大阪市立大学医学部    卒業
平成2年5月 大阪市立大学第2外科   入局
平成7年4月 大阪市立総合医療センター 救命救急センター
平成11年4月 大阪市立大学第2外科   助手
医局関連病院を経て
平成21年4月 東住吉森本病院      外科部長

(専門医・資格)
日本外科学会専門医
日本救急医学会専門医
マンモグラフィー読影医

緩和ケア講習会 修了

・副部長 三城 弥範 (みき ひさのり)
腹腔鏡下手術、大腸癌手術が専門です。

消化管(胃、小腸、大腸、虫垂)、一般外科(腸閉塞、ヘルニアなど)を担当します。
外科=手術ではありません。化学療法、緩和ケアのみならず、お腹に関するトラブル、お悩みがあれば気軽に相談・受診してください。

(経歴)
平成16年3月:山口大学医学部 卒業
平成16年5月:大阪府済生会中津病院 研修医
平成18年4月:大阪府済生会中津病院 外科専修医
平成21年4月:関西医科大学 大学院医学研究科博士課程 入学(病理学)
平成25年3月:関西医科大学 大学院医学研究科博士課程 単位修得(病理学)
平成25年4月:東住吉森本病院 外科医員
平成27年4月:がん研有明病院 消化器外科 大腸外科レジデント
平成28年6月:がん研有明病院 消化器外科 大腸外科チーフレジデント

(専門医・資格)
医学博士
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般・大腸)

死体解剖資格認定(病理解剖)
緩和ケア講習会 修了

・医長 大畑 和則 (おおはた かずのり)

肝胆膵領域(肝臓癌、膵臓癌、胆石など)を中心に、一般外科全般に対し経験を積んできました。個々の患者さんの病状や背景を総合的に評価したうえで、最善の医療を提供していきたいと思います。何か気になることがありましたらお気軽にご相談して下さい。

(経歴)
平成18年3月 琉球大学医学部 卒業
平成18年4月 大阪市立大学医学部附属病院   臨床研修医
平成20年4月 ツカザキ病院          外科医員
平成21年4月 大阪はびきの医療センター    外科医員
平成22年4月 大阪市立大学医学部付属病院   肝胆膵外科 研究医
平成24年4月 石切生喜病院          外科医員
平成28年4月  藤井寺市民病院        外科医員

(専門医・資格)
日本外科学会専門医

スケジュール

朝診 三城 大畑 金沢 三城 大畑 金沢
午後診(血管) 第1、3、5
藤井(血管)
夜診 三城
(外科)
山本
(整形)
大畑
(外科)
草開
(整形)
金沢
(外科)

担当医師のご紹介

金沢 源一

副院長

日本外科学会専門医

日本救急医学会専門医

マンモグラフィー読影医

三城 弥範

副部長

医学博士

日本外科学会専門医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本消化器病学会専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本消化器外科学会専門医

消化器がん外科治療認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般・大腸)

大畑 和則

医長

日本外科学会専門医

藤井 弘道

非常勤

血管外科