診療科・部門のご紹介(眼科)

眼科

香芝生喜病院では奈良県立医科大学附属病院眼科学教室の協力体制のもと経験豊富な眼科医師による診療をおこなっています。

☆診療科の特徴

当科では次の症例の診療を積極的に取り組んでおります。

〇アレルギー性結膜炎

〇細菌性結膜炎

〇角膜感染症

〇白内障

〇ぶどう膜炎

〇緑内障

※診察により手術などの適応がある場合には手術可能な施設ご紹介など、対応いたします。

 

☆スリットランプ

細隙灯顕微鏡という小さな顕微鏡(「スリットランプ」,または「スリット」とも略称)と帯状の

細い光源を合わせた装置により眼球を観察する生体検査です。眼科の検査の中では,

視力, 眼圧,眼底とともに,基本的かつ重要な検査です。帯状の光を目に当てることで

細かな傷や濁り,炎症を発見できます。

まぶた,結膜,角膜,虹彩,水晶体などの傷や炎症,そして白内障など,

多くの目の病気が診断できます。専用のコンタクトレンズなどを併用して隅角や眼底の

網膜や血管,視神経の乳頭まで立体的に詳細に観察することができます。

又,付設の眼圧計を用いることにより正確な眼圧も測定できます。

細隙灯検査は短い時間ですみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆眼底カメラ付OCT

コチラをクリック⇒RetinaScanDuo

 

☆ハンフリー(自動視野計)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラをクリック⇒パネルデータ[ハンフリーフィールドアナライザーHFAII]2

 

 

スケジュール

朝診 平井/水澤/岡本

※土曜日の眼科診察は9時から12時まで、第1,2,4週平井医師、第3週水澤医師、第5週岡本医師となります。

※受付は8時から12時までとなります。

担当医師のご紹介

非常勤

平井 宏昌

水澤 裕太郎

岡本 全弘