看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部長ごあいさつ

看護部は9部署あり中央部門、病棟部門から構成される組織です。看護部理念のもと「いつも明るく、前向きに」をモットーに地域のみなさまから信頼される看護を目指しています。当院は奈良県香芝市に平成29年4月1日に開設したばかりの病院です。新しい組織を作っていく過程では、やりがいもありますが困難なことも多くあります。しかし何事も前向きにとらえ、職員一人ひとりが役割を発揮し地域のみなさまに「香芝生喜病院に来てよかった」と言っていただけるよう日々、努力しています。

質の高い看護を提供するためには、職員一人ひとりが、やりがいを持って働くことが重要です。看護部では、小集団活動を通じて一人ひとりが目標を持ち生き生きと働ける職場環境づくりに力をいれています。また子育て中でも働けるよう院内保育所も完備しワークライフバランスの充実に努めています。

認定看護管理者 看護部長  今井 緑

 
看護部長

看護部理念・基本方針

理念

いつも明るく前向きに、地域から信頼されるあたたかい看護を目指します

 

基本方針

  1. 私たちは、いつも明るく前向きに行動します
  2. 私たちは、患者さまの人権を尊重した看護を提供します
  3. 私たちは、安心・安全で質の高い看護を提供するために、常に学び続けます
  4. 私たちは、チーム力を高め、助け合い支えあう職場環境を作ります
  5. 私たちは、地域住民から信頼される接遇を行います

新人教育

中小規模病院の特徴を活かし、スタッフ全員で新人看護師を教育する体制をとっています。プリセプターナースは一人ひとりにつきますが、お姉さん的相談相手としての役割を担います。技術面は、所属するチームの全員から指導を受けることができます。技術習得はeラーニングも取り入れているので、パソコン、スマートフォンからも確認することができます。 看護方式はディパートナー方式をとっているので、安心して業務につくことができます。

認定看護師

認定看護管理者 医療安全管理室室長 石川 しのぶ

医療安全管理室のモットーは「わきあいあい」です。「何でも言える、何でも聞ける」を合言葉に親しみやすく誰にでも相談できる開かれた組織を目指しています。 医療安全管理室では、16:00(自由参加)から、リスクマネージャーと一緒にカンファレンスを行っています。そこでは,インシデント報告から見えてくる医療現場についてディスカッションし、医療の質向上に必ず役に立つとの思いでスタッフ一同頑張っております。
石川 さゆり

感染管理認定看護師 赤澤 早百合

院内感染のリスク低減のため、ICT(Infection Control Team)の一員として、医師、薬剤師、臨床検査技師と共に、医療関連感染発生予防ため薬剤耐性菌サーベイランス、職員が感染対策を理解・実践していけるよう、教育啓発活動や指導を行います。院内をラウンドし、感染対策の遵守状況確認や感染管理に関する相談、院内保育所における感染対策の指導、病院環境のファシリテーター、感染管理システム構築の活動を行っています。
赤澤 早百合

皮膚・排泄ケア認定看護師 中村 順美

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷・ストーマ・失禁ケアの3領域の看護を専門に行う看護師のことです。創傷・ストーマ・失禁にまつわるすべてのケアを行います。具体的には褥瘡・手術創・下腿潰瘍からテープなどによる皮膚障害や、ストー マ造設される方の継続的なケア、排泄障害やそれによる皮膚トラブルなど多岐にわたります。看護の現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たし、院内における看護ケアの広がり、看護の質の向上につなげていけるよう活動しています。
中村 順美

認知症看護認定看護師 福島 京子

私は昨年、認知症看護認定看護師を取得しました。4月から香芝生喜病院の療養病棟で、まずは看護実践からはじめています。認知症の方は、認知機能障害などをもちながらも、ご自分でできることはたくさんあります。入院を余儀なくされた認知症の方が、安心して治療や療養生活を受けられるよう、今後は、認知症ケアチームの中心となり活動をしていく予定です。
福島 京子