診療科・部門のご紹介(薬剤室)

薬剤室

薬剤部では、患者さんやその家族に安心して治療を受けていただくためにスタッフが協力し、 医師、看護師、検査技師、栄養士、事務と共にチーム医療に取り組んでいます。他職種の医療スタッフのニーズに応えられるように、 幅広い知識とより専門的な薬剤師の育成を目指しています。

調剤業務

1.外来調剤
医師が処方したお薬を調剤しています。
調剤時には用法・用量の確認をチェックしています。
当院は院内処方となっておりますので会計後、お薬窓口にてお薬をお渡ししています。
できるだけ待ち時間が長くならないように配慮しながら業務に努めておりますが、ご質問などお気軽にご相談ください。

2.注射薬業務
医師が処方した注射薬を患者さんの氏名・投与日・投与時間などを記載したラベルを付けてセットし、病棟に払い出しています。
調剤時には注射薬の量・投与時間・投与方法・飲み薬との組み合わせの問題はないかなどチェックしています。

注射薬無菌調製

1.抗がん剤治療
抗がん剤などの点滴を薬剤部内の安全キャビネットを用いて薬剤師が無菌的に調製しています。また複数の薬剤師により処方内容(投与量・投与間隔・相互作用など)を確認、管理しています。

2.中心静脈栄養(TPN)
長い間食事の摂れない患者さんは点滴で栄養を補給する必要があります。この際に使用する点滴を中心静脈栄養(TPN)といい、点滴内に糖・ビタミン・ミネラル・アミノ酸などを配合しています。栄養分が豊富なことから細菌が繁殖しやすいため、薬剤部内の無菌的な環境の中で薬剤師が混合しています。

服薬指導

薬剤師が医師の同意に基づいて、入院患者さんに処方されたお薬の飲み方や使用方法、薬の作用・服用意義・注意点などをベッドサイドで説明します。
入院時に持参薬の内容を確認させて頂き、入院後に処方されたお薬との飲み合わせについてチェックします。また、処方されたお薬の効果が現れているか、あるいは副作用の兆候はないか、などを確認するために検査値を見たり患者さんの状態をお聞きすることもあります。
薬剤師は、安心・安全な医療を提供するため、個々の病状にもっとも適切な薬剤・投与量となるよう医師に薬剤情報を提供することで、薬物療法の向上に努めています。
その他、お薬を飲みやすくするために錠剤を粉砕して散薬にしたり、のみ忘れ防止のために朝・昼・夕の薬を1包にまとめたりすることで服薬支援を行います。
患者さんやご家族からのご質問・ご相談にも対応しています。