診療科・部門のご紹介(消化器内科)

消化器内科

消化器内科では、胃や大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの臓器を診療しています。
健康診断で便潜血反応陽性、肝機能障害、胃部バリウム検査で要精査などを指摘された方や、腹痛や下痢、嘔吐などの症状がある方を、胃カメラや大腸カメラ、腹部エコー検査やCT検査などを中心に診察いたしております。
また緊急性がある場合や希望の方には、必要性に応じて直ちにCT検査や内視鏡検査、血液検査を施行して、できるだけ早く診断できるように心掛けています。
さらに専門医による炎症性腸疾患や機能性腸疾患などの管理、治療や胃の早期胃癌に対する内視鏡治療などにも積極的に取り組んでいます。

内視鏡センタ−の方針

当院では苦痛のない内視鏡検査を目指しています。ご希望によってセデーション(鎮静剤などの注射麻酔薬)を使用いたします。そのため、看護師が監視している検査後の回復室で、しばらくお休みいただきましてから帰宅して頂いています。
また、最新の内視鏡機器を使用し、病気の早期発見、正確かつ的確な診断を行い、患者様にニーズにあった適切で安全な治療を心がけています。そのため、内視鏡センター医師(日本消化器内視鏡学会専門医2名を含む)をはじめスタッフは学会や研究会などに積極的に参加し、定期的にカンファレンスを行うなどスタッフ全員の知識向上に努めています。

内視鏡センターの紹介

2つの独立した部屋毎に内視鏡検査機器が設置されており、プライバシーが守られた状態での検査が可能となっています。各部屋には各種モニターが設置されており、検査中の患者様の状態を常に監視しています。また、各部屋毎に施行医の他に、看護師、内視鏡技師を配置しておりますので、検査中も患者様の状態を常に把握することが可能であり安全な検査が可能となっています。

また、大腸の内視鏡検査を受けられる方のために、前処置の下剤を飲む部屋もテレビが設置されておりトイレも3室ございますので快適に過して頂く事が可能です。当院ではオリンパス社製の最新式内視鏡システムを使用しておりますので、従来のハイビジョン画質を超える明るく高画質な観察を可能となっており、NBI技術(狭帯域光観察)の標準搭載で、病気を早期発見できる可能性がさらに高まっています。また従来に比べ、胃カメラはより細くなり、大腸カメラはより柔軟性に富んだ構造になったことで、検査を受けて頂く患者様の苦痛がより少なくなるように設計されています。さらに経鼻カメラも画質が向上しており、苦痛の少ない検査を行えるうえに、病気を見つけることができる性能が上がっています。径鼻カメラをご希望の際は担当医にご相談してください。

スケジュール

朝診 井上 箱田 井上 箱田

担当医師のご紹介

井上 陽介

副部長

原 あずさ

医長

箱田 明俊

医員